サイトマップ
HOME   >  羽毛ふとんの仕立て屋日誌   >  北欧視察日誌 -アイスランド編-

北欧視察日誌 -アイスランド編-

皆さんこんにちは。

 

5月末から9日間 北欧へ出張で行ってきました。
今回はフィンランドのヘルシンキからアイスランドに行きそれからエストニアのタリンと3か所を回ってきましたので2回に分けて報告させていただきます。
先ず、前半の4日間は取引先様とそのお客様と一緒に、フィンランドのヘルシンキに立ち寄ってからアイスランドのアイダーダウンを視察に行っきました。
このツアーでは総勢で28人と大人数で行動しましたが、皆さん本当に良い方ばかりで非常に楽しいツアーでした。
ヘルシンキの空港はヨーロッパ出張の時に乗り換えで度々利用していますが街に立ち寄ったことはなく、今回が初めての訪問ですが、街は超高層のビルがなく北欧らしい石造りのビル、至る所に公園があり人混みも少なく首都としてはゆったりとした日々が過ごせる良い所で、ムーミンのふるさとらしい都会です。
また、立ち寄った市場で生のサーモンをいただいたのですが、またそれが美味しく最高でした。
今回は残念ながら1泊立ち寄っただけですが、次回は是非3日間ぐらいは滞在してみたい街でした。

 

 


ヘルシンキの町の風景。天気も良く、過ごしやすい気候でした!


次に向かったのが今回の目的の一つアイスランドのレイキャビックです。
アイスランドの訪問は今回で3度目になりますが、毎回 溶岩の大地に低木と草が生えているだけで、地球の果てに来たのかと思わせる風景と、その地の人々の優しさには感動します。
特に今回は28人の大勢でお伺いしたのでエリアスさんとラグナルさんそしてラグナルさんのご両親とお友達には、アイダーダウンの繁殖地にゴムボートで渡る為の手配などで本当にお世話になりました。
彼らのお陰で事故もなく無事に視察もでき、参加していただいた皆さまに喜んでいただけました。本当に感謝!感謝です。
私自身、英語ができない為に出発前にポケットトークという通訳機を購入してコミュニケーションを取ろうと考えたのですが、思うように使いこなすことが出来ず、結局上手くコミュニケーションが取れずに感謝とお礼をちゃんと伝えることができなかったことが残念です。
やはり機械に頼らず、英語をもっと勉強しなければと痛感、反省しました。


何度訪問しても素晴らしい自然と人々の優しさに触れられる素敵な国なので次はいつになるか分かりませんが、訪れたいと思っています。


アイダーダックを見学しに島へ渡る様子。エリアスさん、ラグナスさん達にはボートの手配などたくさん助けていただきました!


無事、アイダーダックを見ることができました!





このページの上へ

CONTENTS