サイトマップ
HOME   >  羽毛ふとんの仕立て屋日誌   >  最近気になるアイダーダウンについて

最近気になるアイダーダウンについて

とうとう冬本番間近ということもあり、当社では毎日たくさんの
羽毛ふとんリフォームを行っていますが、その中には「アイダーダウン」
を使っている羽毛ふとんもあります。
リフォームの作業に入る前に必ず中身の状態をチェックするのですが、
最近「アイダーダウン」の羽毛をチェックしていて感じたことを
今回はお話したいと思います。

一般的に羽毛ふとんに使用される羽毛は、食肉用に飼育されたガチョウ(グース)や
アヒル(ダック)から採取しています。しかし、アイダーダウンは、北極圏に棲息している
野生の海岸水鳥から採取されている羽毛で、そのなかのアイスランドに棲息している
「コモンアイダー」から採取した羽毛は、一般的に羽毛ふとんに使用される
グースやダックとは異なり、非常に絡みが強く暖かい性質をもった最高級の羽毛として
知られています。

このようにアイダーダウンを使用したふとんは一般のふとんに比べて優れているため
高額なのですが、最近よくアイダーダウンを使用しているかのような羽毛が入った
ふとんがリフォームに送られてきています。
品質表示を見てみると○○アイダーと表記されているのですが、羽毛をチェックしてみると
一般の羽毛よりも絡みの強い羽毛や、羽毛の色が茶又はグレーと本物と似ている色の羽毛で、
本物とは全く別の品種から採取された羽毛をまるでアイダーダックと同種の鳥から採取
された羽毛のように扱っているものがあるのです。
買う側からすれば「アイダー」と表記されていたら疑うことは出来ませんよね。

下に本物のアイダーと偽物のアイダーの写真がありますので是非ご覧下さい。

アイダーダウンと偽アイダーダウンの比較写真


●アイダーダウン●
一つ一つの羽毛が絡まりあって
大きな羽毛のかたまりになっています。
そのため、空気層ができ、非常に暖かい
羽毛とされています。

●偽アイダーダウン①●
本物と羽毛の色味は似ていますが、
絡まりが弱く、かたまりません。
(品質表示にはアイダーダウンと
表記されていました。)

●偽アイダーダウン②●
本物とは羽毛の色味が違っていて、
絡まりが偽アイダー①よりも更に弱く、
バラバラになってしまいます。
(品質表示にはシルバーアイダーと
表記されていました。)

本物にこだわるために


直輸入した羽毛に必ず付いている
アイスランドの品質証明書です。

当社ではアイダーダウンをアイスランドから

直接輸入しており、アイダーダウンの

特徴も理解しています。偽のアイダーダウンは

一般に使用されている羽毛よりも絡みが強いですが、

品質は本物とは非常に劣ります。

品質表示に〇〇アイダーと表記のあるものには

注意してください。

「もしかして…」と感じられたかたは

どうぞお気軽に当社までお問合せください。

 
 
 




このページの上へ

CONTENTS