サイトマップ
HOME   >  羽毛布団リフォーム   >  よくある質問   >  お手入に関する質問

お手入に関する質問

5年~10年使用していない羽毛ふとんを使う時。
使用する前に、布団を押して空気の入れ替えをして、日に干してください。1~2時間で充分です。

5年~10年使用しているが丸洗いなど、一度も手入れをした事がない。
多分、カサ高(保温性)が低下していると思われますので、リフォームをおすすめします。
一般的な目安
2~3年    クリーニング
5~6年    リフォーム
7~8年    再度のクリーニング
10年目    再度のリフォームか買い替えをおすすめします。

表示には「クリーニングは、なるべくお避けください」と書いてあるけど、丸洗いしても大丈夫ですか。
長年使用された布団は生地が汗などで傷んでおり、クリーニングに耐えられない場合がありますので、コインランドリーなどでのクリーニングは避けてクリーニング店で相談される事をおすすめします。

ふとん屋さんから「一生もの」と言われて、羽毛ふとんを購入したが、どれくらい(年数)でクリーニングに出したらよいか。
羽毛布団の生地は羽毛が飛び出さないようにダウンプルーフ加工をしていますので、一般的には洗濯することで生地の布目が大きくなり羽毛が飛び出す危険性がある為水洗いはおすすめしていませんでしたが、最近の生地は2~3回の洗濯にも耐えられる生地を使用していますので、カバーを掛けてご使用の場合であれば5年ぐらいで又、カバーを掛けずにご使用の場合は2~3年ぐらいで丸洗いして下さい。
但し、丸洗いを何度も(3回以上)されると羽毛が飛び出す可能性があるのでご注意下さい。

羽毛ふとんは日干ししたり、丸洗いをすると羽毛が生地から出るので、やってはダメだと聞いたのですがなぜですか。
日に干す事で殺菌効果と羽毛の水分を飛ばし乾燥させる効果があるので日干しはかまいませんが、但し側生地の色あせを防ぐ為カバーを掛けたまま干して下さい。又、時間も1~2時間ほど干せば十分です。丸洗いも側生地の汚れを落とし、衛生的にご使用していただくには効果がありますが、羽毛布団に使用している生地はダウンプルーフ加工をして羽毛の飛び出しを防いでいますが、3回以上洗うと生地の布目が大きくなり羽毛が飛び出す危険性があるのでご注意して下さい。

羽毛ふとんを丸洗いに出したのですが、縮んだのかサイズが小さくなって足が寒くなって困っています。どのメーカーでも縮むのでしょうか。
洗濯による縮みより、洗濯した事でかさ高が復元して縮んだようになります。

マンション生活で外にふとんが干せないのですが、羽毛ふとんをふとん乾燥機で乾かしても大丈夫ですか。
大丈夫です。

使わない時の収納方法は。夏場の収納方法はどうしたらよいか。
収納する前に日に干して湿気を取ってください。カバーを外して、無臭タイプの防虫剤を入れ、シーツ等の通気性の良いもので包んでください。
収納は、押入の上段などなるべく湿気の少ない場所に保管してください。




このページの上へ

CONTENTS